『草枕』と遊仙文学

"Kusamakura" and the literature of immortals

Student thesis: Master's Thesis

View graph of relations

Author(s)

  • Wing Chi WU

Detail(s)

Awarding Institution
Supervisors/Advisors
Award date15 Jul 2014

Abstract

夏目漱石の『草枕』という小説には、陶淵明の『桃花源記』の影響が見られるという指摘が早くからなされている。しかし、『草枕』の構造、内容及び表現について改めて注目すれば、『草枕』と漢文学の関係は、決して一作品との関係に止まらないようである。そこには諸家が指摘する『桃花源記』よりも、一層幅広い漢籍との関連性が認められる。中でもとりわけ注目されるのが、「遊仙文学」による影響である。 「遊仙文学」とは、仙境の遊歴、仙人との交流、或いは人仙同遊をテーマとする文学作品を指す。屈原の『楚辞』「離騒」に見える神遊(神仙世界への遊歴)が起源とされ、後に道教の神仙思想と洞天福地(仙境)の説と融合し、中国文学史において先秦時代から、清代まで詩、賦、小説など様々な形で栄えてきた。歴代の中国の文人たちは、遊仙をテーマとする文学作品を通して、しばし現実世界の悩みと憂いを忘れ、空想の世界に慰藉を求めるのであった。 ところで、中国文学史において、『桃花源記』に描かれる桃源郷は、例えば唐の王維の作品にも代表されるように、しばしば仙境として扱われてきたのである。『草枕』が、諸家が指摘するように『桃花源記』を踏まえた作品であれば、その舞台となる那古井にも、仙境としての性質が認められよう。そうなれば、那古井への画工の旅も、仙境への旅として見なされることが可能であろう。実際、「遊仙文学」を構成する基本的な要素と比較すれば、『草枕』にはそのような可能性を裏付ける類似要素が数多く認められるのである。このことは、漱石文学の本質を理解する上でも重要な手がかりになるので、一度考察する必要があろう。 本論文は、『草枕』の舞台である那古井を、漢籍に見える仙境を構成する諸要素と比較し、その仙境として設定された可能性を指摘したい。更に、謎の行動で目立つ主人公―那美さんをめぐる表現を、『文選』所収宋玉「神女賦」の内容と表現との類似を比較し、両者の関連性を指摘したい。こうした作業を通して、『草枕』の遊仙文学としての性質について推論を行おうとともに、漱石文学の研究に新たな視点を提供しようとするものである。 It has long been pointed out that the influence of Tao Yuanming's The Peach Blossom Spring could be seen in Natsume Soseki's Kusamakura. However, if we focus on the structure, content and expressions, it is obvious that Kusamakura was influenced by various Chinese literary works, and it is worth noting that the influences of Literature of Immortals could also be seen in Kusamakura. Literature of Immortals refers to the literary works with the themes including adventure to fairyland and interactions with the immortals. It was originated from the adventure to fairyland in Qu Yuan's Encountering Sorrow, and was later merged with the thoughts of Immortals and Grotto-heavens in Daoism. It was a tool for the refined scholars in different Dynasties to seek solace with the imagination world created in those literary works. Moreover, the Peach Blossom Land in The Peach Blossom Spring was often interpreted as Fairyland. So it is also possible to say that Nakoi, the stage of Kusamakura, has the nature of Fairyland. If that is the case, the trip to Nakoi could also be seen as the adventure to fairyland. In fact, there are lots of the elements of Literature of Immortals could be discovered in Kusamakura. I would like to point out the possibility of the stage in Kusamakura Nakoi to be a fairyland, by comparing Nakoi with the components of fairyland in Chinese literary works. Also, I would like to point out the relevance of the mystery female protagonist Nami and Song Yu's Shan Nu Fu, by comparing with the content and expressions in both works. Through these tasks, I would like to make the inference on the existence of the nature of Literature of Immortals in Kusamakura, and hence provide a new perspective to the Studies of Natsume Soseki's works.

    Research areas

  • Immortality in literature, Fairyland (Imaginary place), Natsume, Sōseki, 1867-1916 Kusamakura, 夏目漱石, 1867-1916 草枕